おっとりロシアン「あをゐ」との日々。ときどき外猫。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


膀胱炎発症から1年
2011年09月29日 (木) | 編集 |
昨年の9月28日に膀胱炎発症し、
翌日の診察でストルバイト結石と診断されて一年が経ちました。

この一年、再発症することなく無事に過ごす事ができ一安心。

発症後一ヶ月間はサイエンスダイエットのs/dを与え、
その後はロイヤルカナンのphコントロール2を与えています。

今までのフードは数ヶ月で飽きて
食べなくなることもあったのですが、
ロイヤルカナンの味が気に入ったのか
この一年、飽きずに食べ続けています。

たまーにウェットを与えますが、
ほぼカリカリオンリーで満足の様子。

体重も6kgまで減ったのがあっという間に7kgに戻ってしまいました (=_=;)

冬はあまり冷えないように、夏は暑過ぎないように気を使ってましたが、
夏の昼間はあを自身、涼しい所を自分で見つけていたようです。

真夏日になると必ずここの玄関の下駄箱下で昼寝してました。


DSC00734_convert_20110929140202.jpg



DSC00737_convert_20110929140228.jpg
あを「おかあさんも ここでいっしょにおひるねしよー」

これからも毎日ずっと元気に過ごしてね。







スポンサーサイト

不眠対策
2011年02月24日 (木) | 編集 |
ストルバイト結石対策として、
療養食サイエンスダイエット s/d のみのゴハンになったあを。

最初の2日だけは問題なく食べていたのですが、
3日目からは ゴハン皿に入れてもプイと横をむいて食べようせず、
まさに猫またぎの状態。

病院の先生からも
「もしかしたら口にあわないかも・・。食べない子が多いんですよー」
と言われていたので覚悟はしてました。

しかし、
食べないからって替わりのゴハンがあるわけじゃなーい!!

ここはココロをオニにして、
しつこい「ゴハンくれくれコール」を無視して
s/dのみを与え続けました。

”療養食以外をあげるのは命に関わるんです。
あをゐさん、わかってくださいよー。”
なんて言っても伝わる訳はないので、
いつもより多く遊んだり、マッサージしたりして
少しでも空腹が紛れるように色々試してみました。

その中で一番効果があったのがこれ。
写真_convert_20110224195257

ブラッシングです。

もともと、ブラッシングを嫌がらない猫だったので
よくブラッシングしていたのですが、
この時期からはかなり力を入れてゴッシゴシ体を擦りました。
(馬をブラッシングするようなイメージで)

そのチカラいっぱいのブラシが気持ちよかったらしく、
しばらくすると手をグーパーさせながら眠りにつくことが多かったです。

ちょっとニブいおっとりしているので、
多少刺激が強い方が気持ちがいいのかもしれません。

s/dを与えていた間は空腹が続いて眠りも浅かったらしく、
深夜2時頃にはごはんコールで起こされる毎日でした。

  
   ごはんコールで起こされる
       ↓
     療養食少し食べる
       ↓
     ブラッシング
       ↓
    ちょっとウトウトする
       ↓
    空腹で目が覚める
       ↓
   ごはんコールで起こされる

これを朝まで数回繰り返すという感じでした。

リビングに毛布を持って来て仮眠状態で
このローテーションにつきあいました。

下の写真少し見にくいですが、
右側の写真には朝の4時半過ぎを指してる時計が
テレビの上に写ってますね。

あをの頭を撫でながら
「眠れ~眠れ~」と唱えていました。

IMG_0019_convert_20110224194835.jpg IMG_0020_convert_20110224194917.jpg
あを「おかあさん、なんでおいしいごはんくれないの?」

でも、一番辛かったはもちろんあをゐです。

s/dに変えて10日ぐらいまでは1日20グラム程度しか食べず、
その後は少しずつ増えていきましたが、
1日の給餌量の7割ほどしか食べていませんでした。

おしっこの調子も戻り、体力もあって心配はなかったのですが、
発症から1ヶ月半で体重が7kgから6kgへと1kg減っていました。

病気を治すために空腹を我慢し続けたあを、
本当に頑張ったと思います。





結石発症 2日目・3日目
2011年02月06日 (日) | 編集 |
さて、病院でストルバイト結石と診断されたあを。

病院でカテーテルを使って、膀胱に溜まった尿を全部出してもらって
少しスッキリした様子でした。

でも、あをにとってはつらい処置だったらしく 珍しく診察台の上で暴れたり、
すごくちいさーい声ですが「シャーッ」を2連発したり、
かなり鳴いての大抵抗でした。

診察が終わった後は すぐに自らキャリーの中に逃げ込んで
先生達に大笑いされてました。


自宅に帰宅後、サイエンスダイエットのs/dを与えた所
好みの味だったのかモリモリ完食。
病院で疲れたのか、すぐに眠っていました。

この間に私はあをのごはんをネットで注文。
病院で1日分のサンプル品を貰ってきたのですが、
翌日からのごはんがないので慌てて探す事に。
PCで探すと 正午までに注文すれば
翌日に配達してくれるWebショップがあり、とても助かりました。


その後、あをは4時間ほどしてオシッコを1回。

1日半ぶりの自宅でのおしっこでした。
その後、2時間ほど経ってオシッコをもう一回。

猫トイレの中には小さいシッコ玉ができていました。

夜中に一度オシッコに行き、
翌日は午前中に1回。

翌日のシッコ玉はやや大きくなっていたので
一安心しました。

⇩[READ MORE]をクリックするとシッコ玉の写真が出ます⇩

[READ MORE...]
結石発症 1日目
2010年11月29日 (月) | 編集 |
9月28日 
 
夕方7時少し前に買い物から帰ると、
あをゐはいつものように玄関までお出迎え&ごはんコールでした。

カリカリをお皿に入れてあげると、速攻で完食。

私が買って来た食材を片付けたり夕食の準備をしてると、
あをがトイレに入った音が聞こえました。
(我が家はトイレの扉にペット用の扉をつけているので、
出入りするたびにパタンパタンと音がして
「あ、トイレに入ったな」とわかるんです)

数分後、あをがトイレから出て来た音がしたな、と思ったら、
5分も経たずにもう一度トイレに出入りする音が聞こえました。

以前から、トイレの小と大を続けてすることがあったので
その日もそうだろうと思ってたのですが、
数分後にまたトイレに入る音がしたので、
おや?と少し変に思いました。

そこでトイレに入っているあをを見にいってみると、
オシッコをしようと腰をかがめたままの姿でじっと固まっています。

3分ほど頑張ってもオシッコが出なかったらしく、
そのままダッシュでトイレを出て行きましたが、
10分後 またオシッコしようとトイレに入っていきました。

この時点で、膀胱炎であると確信。

病院に連れて行こうと思ったのですが、
すでに午後8時。
いつも連れて行く病院の受付は午後7時までなのですが、
個人病院なので先生が在宅で緊急の場合は診てもらえるので
一応電話をしてみることにしました。

電話で現在の病状と、朝一度オシッコしていたのを確認している事、
食欲旺盛、元気もあるということを伝えると
明日の朝一番の診察で大丈夫でしょうと言われました。

翌日、病院に連れて行き
膀胱に溜まっているオシッコをカテーテルで出して、
尿管を洗浄してもらいました。

その後、抗生剤を2本打ち処置完了。

採尿したオシッコを検査して、
石が見つからなければただの膀胱炎で治療すれば治るけれど、
石が見つかると一生つきあう病気になる、といわれました。

待つこと、十数分。

検査結果はストルバイト結石。

とりあえず、抗生剤の処方薬一週間分と
療養食(サイエンスダイエットのs/d)を4~6週間続けて再検査ということになりました。


写真_convert_20101129215733
あを「しっこがでなくて つらかったー」











ストルバイト結石
2010年11月16日 (火) | 編集 |
9月28日、あをゐが膀胱炎を発症しました。

翌朝、病院に連れて行くと「ストルバイト結石」との診断。

それから一月半、病院の処方箋と療養食の「サイエンスヒルズ s/d」を続け
先日再検査をした所、発症当初よりも数値は落ち着いていました。

これからは、療養食を続けて様子を見て行くそうです。

いつでも食欲旺盛なあを。
今はすっかり元気です。


DSC00124_convert_20101116102933.jpg
あを「もう へいき~」


発症当初の病状詳細は、後日の記事で書きます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。