おっとりロシアン「あをゐ」との日々。ときどき外猫。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋波
2009年10月31日 (土) | 編集 |
PCに没頭していたら なにやら熱い視線を感じました。


DSC09135_convert_20091031091315.jpg



DSC09136_convert_20091031091349.jpg



DSC09137_convert_20091031091420.jpg

ただひたすらに見守られています。
「すきすき視線」ということにしておきます。

考えている事は違う事なんでしょうが。
きっと、多分。
いや絶対。

熱いまなざしが あをの念仏を雄弁に物語っています。


DSC09138_convert_20091031093959.jpg
あを「ごはんごはんごはんごはんごはんごはんごはん・・・」

↑ここまでを記事にするつもりでいたのですが、
記事を書いているうちに眠ってしまったあをゐさん。


顔はこちらにむけたまま眠っています。

おもしろいので遊んでみます。
「あを ごはん?」と声をかけると

DSC09141_convert_20091031093213.jpg



パチッ!とお目覚め。


DSC09142_convert_20091031094025.jpg
あを「ん?いま ごはんいったっっ?」


はいはい、ごはんにしようね



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。