おっとりロシアン「あをゐ」との日々。ときどき外猫。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去勢手術終了!
2007年05月28日 (月) | 編集 |
25日に去勢手術を済ませて、
新生「おねぇあを」になりました。

前日の夜9時から絶食絶飲させて、
朝9時頃病院に預けて夕方お迎えでした。

飼い猫の去勢手術は初めての経験だったので
病院に預けて一旦帰る時
不安いっぱい 心配いっぱいだったのですが、
お迎えに行ってみるとあっけない程元気で
「ほんとに手術したの?」という感じでした。

病院の指示では、最初にお猪口一杯位のお水をあげて
30分程様子を見て、吐いたりしないなら
いつもの半分の量でごはんあげてもいいですとの事。

帰宅後、なんとかお水を飲んでもらおうとしても
あをは「ごはん!ごはん!ごはん!」の催促で
なかなか水を飲んでくれません%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

仕方なく少量のウェットフードを水でのばして食べさせてみると
ペロリと完食。

その後嘔吐もなく食事の問題は一安心。

問題はエリザベスカラー着用でした。

病院では「患部を舐めたり、糸を引っ張るようなら付けて下さい」
と言われていたので、様子を見ていましたが、
あをはどうしても傷口が気になる様子。

大事を取ってカラーを着けさせたのですが……
後ずされば外れると思ったのか、
後ろ向きで超ダッシュ&ジャーンプ!!%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

かわいそうと思いつつも夫婦で大笑いでした。sc04

結局、なるべく目を離さないようにして
カラーを外してあげることにしました。

その夜のうちにおしっこもウンチも済ませて
とりあえずは一安心でした。
   
翌朝のノンキなあをゐさん↓




翌日の土曜も問題なく過ごしたのですが、
昨日の夜、夕方食べた物を全て嘔吐。
そして、患部のほどけて来た糸を引っ張っている様子……
食欲はあるので、とりあえず今日は朝ごはんを食べさせて経過を
見ていますが、心配です。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。